星稜のセンター東海林航介がイケメン?出身中学や身長は?石川県大会の9回満塁ホームランの動画も!

2019年第101回夏の甲子園大会、令和になって初の夏の甲子園の出場校が出揃いましたね。

8月6日から16日間の日程で熱戦の火蓋が切って落とされました。

既に組み合わせも決まって、試合が始まっています。

優勝候補筆頭と言われる星稜高校のセンターで1番を務める東海林航介くんがイケメンだと話題になっています。

東海林航介選手の出身中学や身長などのプロフィールや、打率・本塁打(ホームラン)数について調べてみました。
石川県大会決勝戦での9回満塁ホームランの画像も探しましたよ!

星稜のセンターで1番の東海林航介はイケメン?

恵まれた体格から放つ鋭い打球で長打を放つ姿がかっこいい東海林航介くん。

笑顔もイケメンだと評判ですね。

星稜高校のセンター1番東海林航介がイケメン

俊足の1番バッターということで必然的に登場する機会が多くなるので、東海林航介目当てのファンには嬉しいですね。

身長180センチ体重76キロと恵まれた体格の東海林航介くんは長打力が魅力の俊足強打のバッターです。

イケメンと噂の東海林航介くんですが、彼女の存在はあるんでしょうか。

残念ながら調べても彼女がいるという情報は全く出てきませんでした。
名門校の星稜野球部でスタメンですからモテないわけないと思いますが、今は野球のことで精一杯なんでしょうね。

星稜イケメンセンターの1番東海林航介のプロフィール!出身中学や身長は?

星陵高校の1番でセンターの東海林航介くんの身長や体重、出身中学などのプロフィールを紹介します。

名前: 東海林 航介(しょうじ こうすけ)
生年月日: 2001年10月24日(現在18歳)
星座: さそり座
血液型: 非公表
身長: 180cm
体重: 76kg
出身地: 石川県白山市
出身小学校: 白山市内の小学校
出身中学校: 星稜中学校
高校: 星陵高校
ポジション:センター、ショート、セカンド 
投打:右投げ左打ち
走力:50m5.9秒

東海林航介選手は石川県の白山市出身です。

中学校から石川県の星陵高校付属の星稜中学校へ進学しています。

地理的には白山市と星稜高校のある金沢市は隣接市なので、甲子園を目指すなら星稜高校と決めていたんでしょうね。

星稜中学校は星稜高校と同じ敷地内にあって、進学もエスカレーター式です。

星稜中学校時代には、現在もチームメイトである内山壮真選手などとともに全国大会で優勝を果たしています。

中学時代の成績は、2016年の夏に全国大会優勝。
下の動画は2016年全国中学軟式野球大会の夏の決勝戦のもので、セカンドが東海林航介くんでショートが現在もチームメイトである内山壮真くんです。

東海林くんは背番号4番で打席は次の3打席です。

  • 18:06~ 第1打席 三振
  • 43:50~ 第2打席 送りバント
  • 1:06:00~ 第3打席 送りバント
2016 全国中学軟式【ロングVer】/星稜中学 vs 横須賀ファイターズ/横浜スタジアム

このころはまだ打順が9番で、送りバント主体の指示が出ていることからもあまり打撃には期待されていなかったことがわかりますね。

東海林航介の石川県大会決勝の9回満塁ホームランの動画

東海林航介選手が石川大会決勝で放った9回2アウトからの特大の満塁ホームランの動画を見て下さい。

下の動画は東海林くんがホームランを放った打席の動画です。
対戦相手は小松大谷高校で、9回2アウト満塁、同点の場面。
2:35~の投球をバックスクリーン横に放り込んでいます。

奥川 星稜 9回に劇的展開 決勝 part2

7球ファールで粘ったあと、外側に外すつもりの投球がど真ん中に入ってきたのを見逃さずにきっちりと仕留めました。

この石川大会では決勝の満塁ホームラン以外にも2回戦、3回戦と2試合連続でホームランを放っているので、長打力は十分あるといえるでしょう。

星稜のイケメンセンター東海林航介の本塁打数や打率は?

星陵高校入学後は1年生の秋の石川大会からレギュラーでショートとして出場。

高校入学後はまだセカンドやショートの守備位置だったんですね。

その後、足の速さと守備位置の広さを生かしたセンターにコンバートされています。

2019年の夏の石川県大会の決勝で、同点の9回2アウト満塁の絶好機にホームランを放った東海林航介くんの本塁打数がになるところです。

東海林くんの高校通算本塁打数は17本と少なめですが、そのほとんどが2019年の春以降に放ったものです。

石川大会では打率2割1分1厘と本調子とは言えないものの、パンチ力のある打撃と俊足の1番バッターは相手の脅威となりそうです。

2019年夏の甲子園 星稜イケメン東海林航介が見れる試合日程は?

8月3日に行われた2019年令話初の夏の甲子園の組み合わせ抽選。

注目の星陵高校は大会2日目の8月7日(水)の第3試合に登場します。

対戦相手は北北海道代表の旭川大高校。

旭川大高校は本格派右腕エース能登嵩都が注目の高校。

能登投手は130キロ代後半の球速ではあるものの、北北海道大会では防御率0.31と安定感のあるピッチャーです。

過去の甲子園出場は8回4勝を上げていますが、25年間甲子園では勝ち星がありません。

ともにイケメンと言われるピッチャー能登くんとの投げ合いが見ものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました