星稜・奥川恭伸の身長は?得意な球種と各スピードは?イケメンだけど彼女はいるの?

2019年春の選抜高校野球の出場校が出揃い、いよいよ本日から開幕しました。

出場校数32校で争われる今大会も、注目選手が目白押しで白熱した試合が期待されますね。

中でも優勝候補の一つに上げられているのが、石川県代表の星稜高校。

その星稜高校のエース・奥川恭伸は2019年のドラフトでも注目の選手です。

奥川恭伸のプロフィール 身長や体重は?

名前: 奥川 恭伸(おくがわ やすのぶ)
生年月日: 2001年4月16日(現在18歳)
星座: おひつじ座
血液型: O型
身長: 183cm
体重: 82kg
ポジション: ピッチャー(右投げ右打ち)
出身地: 石川県かほく市
出身小学校: 石川県かほく市立宇ノ気小学校
出身中学校: 石川県かほく市立宇ノ気中学校
在学高校: 石川県星稜高校

奥川恭伸投手が星稜高校でバッテリーを組んでいる山瀬慎之介捕手は、小学校4年生からバッテリーを組んでいて、今年で既に9年目になります。

奥川泰伸投手は小学3年生から「宇ノ気ブルーサンダー」で野球を始めています。 その翌年からずっと同じバッテリーで野球をして来ているんですね。

奥川泰伸投手にはお兄さんがいますが、詳細はまったく公にされておらず、野球をしているのか、いくつ年が離れているのかも全く情報がありません。

星稜高校・奥川泰伸投手の持ち球は?変化球とそのスピードやキレは?

今大会ナンバーワン投手とも目される星稜・奥川泰伸投手ですが、本日3/23の履正社高校との試合では、過去最高球速にならぶ151kmを記録しているように、ストレートがずば抜けています。

といっても、スピードばかりの投手ではありません。

奥川泰伸投手は変化球の球種こそ、スライダー、カーブ、フォークの3種類と少なめですが、それぞれのキレは抜群です。

時折まぜてくるチェンジアップも効果的に使ってくる上、ストレートをはじめとしたそれぞれの球種にしっかり緩急をつけてくるので、なかなか捉えるのが難しいんです。

それぞれの変化球の球速は以下のとおりです。

  • スライダー 135km前後
  • カーブ 110km前後
  • フォーク 140km前後

最近はほぼ毎試合ストレートの最高速が150kmを超えてきているので、それに伴ってスライダーやフォークの速度もあがってきているようです。

奥川泰伸投手の3つの変化球はどれも完成度が高く、そのレベルは一級品と言われていて非常に完成度が高いです。

特にその中でもスライダーは打者の直前で鋭く落ちる上に、非常にコントロールがいいので、しっかり三振を狙える変化球となっています。

第49回明治神宮野球大会から投げるようになったフォークは、まだ投げる機会が少ないものの、これも打者の直前で鋭く落ちて落差も十分。

奥川泰伸投手のピッチング技術は、よくプロ野球巨人ジャイアンツの菅野智之投手に似ていると言われていますが、技術的にも精神的にも10年に一人の逸材との声が高いようですね。

奥川泰伸はかわいいイケメン?彼女はいるの?

星稜高校・奥川泰伸投手

奥川泰伸投手は野球の実力もさることながら、「イケメン」としても女性に大人気です。

どちらかと言うと「かわいい」系統らしく母性本能をくすぐられるようですね。

そんな奥川泰伸投手には彼女はいるんでしょうか?

残念ながら現在彼女はいないようです。

星稜高校は野球部専用の寮はないものの、運動部寮という運動部全体で使っている寮があります。

寮生活で彼女を作るっていうのもなかなか難しいでしょうね。

もしかしたら野球漫画のようにマネージャーとの恋もあるんでは?

とも考えましたが、現在の星稜高校のマネージャーは2年生の浜塚光希くんが務めています。

そう、”男子”なんです。

もうなんの疑いもありませんね。彼女がいる可能性はゼロと言っていいいでしょう。

本日3/23の履正社との試合は3対0で勝ちました。

奥川投手は先発して最高速151km、奪三振数はなんと17個!という圧巻ぶり。

このまま勝ち進んで4/3の選抜高校野球大会決勝の覇者となることができるか?要注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする