2019年台風18号の進路は?九州北部の福岡や四国南部の高知に大雨被害?飛行機の欠航の影響は?

気象庁によると台風18号は10月2日(水)深夜から10月3日(木)夕方にかけて九州北部の長崎県、佐賀県、福岡県に最接近する予報を発表しました。

この時期の台風は弱まった太平洋上の高気圧に沿って日本列島の太平洋側を通過することがおおいのですが、今年はまだ太平洋高気圧の勢力が以前強いため、日本海側を通過する見通しです。

九州の福岡などに最接近する10月2日(水)から10月3日(木)にかけて、台風の中心は朝鮮半島の南の韓国にあるものの、九州北部などでは風速20m前後の強風になる予想です。

今回は、2019年台風18号の進路や九州北部の福岡などへの暴風の影響や、四国南部の高知などへの大雨被害の影響について調べてみました。

気になる飛行機などの空の便の欠航の影響予測も紹介します。

 

【Windy.comのリアルタイム天気予報図】

下のバーをスライドすると見たい日時の天気予報図が見れます。

2019年台風18号の予想進路は?

台風18号は10月1日(月)午後5時現在、中国の上海市に位置しています。

このあと東側に進路を取り、九州北部をかすめるように日本海へと進む予定です。

九州北部と中国地方の山陰側は暴風雨となり厳重な警戒が必要になります。

 

距離的には離れているものの、四国南部の高知県などでは太平洋上の湿った空気が大量に流れ込むため、大雨が予想されています。

10月4日(金)正午ごろには温帯低気圧に変わる見込みですが、関東や北海道の札幌付近は激しい雨が予想されています。

2019年台風18号予想進路
出典:tenki.jp
出典: https://typhoon.yahoo.co.jp

台風18号
台風18号は1日(火)午後3時現在、東シナ海にあって、時速20キロで北に進んでいます。
中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルとなっています。

その後台風は、次第に進路を北東に変えて朝鮮半島に上陸し、3日(木)には日本海で温帯低気圧に変わる予想です。

今後も最新の台風情報に注意してください。

出典: https://typhoon.yahoo.co.jp

2019年台風18号による九州北部の福岡や四国南部の高知への被害は?

九州や中国地方を中心とした日本海海上では暴風による高波に警戒してください。

特に最接近する10/2(水)の夜から10/3(木)の夕方は海へは近づかないようにして下さい。

釣りやマリンスポーツなど海のレジャーは中止して下さい。

 

飛行機の便を始めとした公共交通機関に影響が出ることが予想されます。

飛行機やフェリーなどの欠航に伴い、各離島等への行き来ができなくなる恐れがありますので、日程の変更や移動経路の変更を検討して下さい。

2019年台風18号による福岡空港発着の飛行機の影響は?

台風18号は10月2日(水)から10月3日(木)にかけて、九州北部の福岡や中国・山陰地方の近海を通過する可能性が高くなってきました。

飛行機での移動を予定していた方は、福岡空港発着の便を始めとして欠航の可能性が高くなっています。

ビジネスや旅行等の予定がある方は、早めに日程の変更をしたほうがいいかもしれません。

飛行機のフライト便の変更や払い戻し手数料は?

台風による強風や大雨の影響で飛行機のフライト便の欠航が決定した場合は、ANAやJALなどの航空会社では、手数料無料で変更や払い戻しをすることが可能です。

注意点としては、欠航が原因の場合は欠航が決定してから10日以内に手続きをしないと手数料がかかってくることがあるそうです。

原則的にどの航空会社であっても台風や降雪などの天候不良が原因で欠航となった場合は、手数料無料で航空運賃の払い戻しを受けることが出来ます。

各航空会社の運行状況・変更や払い戻しなどのお問合せ先

ANA(全日本空輸)

運行状況運行状況のご案内
変更・払い戻し悪天候などが理由の変更・払い戻し
お問合せ先電話番号全国一律 0570-029-222:受付時間6:30~22:00(年中無休)
福岡  092-752-8800 :受付時間6:30~22:00(年中無休)

JAL(日本航空)

運行状況運行状況のご案内(国内線)
変更・払い戻し運行に影響が見込まれる際の変更・払い戻し
お問い合わせ電話番号全国一律 0570-025-022:受付時間7:00~20:00(年中無休)
福岡  092-261-2529 :受付時間 7:00~20:00(年中無休)

台風18号の接近に伴う各空港の運行状況については以下でご確認下さい。

台風18号の名前と由来や意味は?

台風には従来、米国が英語名をつけていましたが、北西太平洋や南シナ海で発生する台風に対しては2000年から台風委員会(日本を含む14カ国が加盟)が固有の名前をつけることになっています。

加盟国が提案して予め用意された140個の名前を順番に用いて繰り返し使われます。

台風の年間発生数は25.6個なんだそうで、約5年間で1巡しますが、特に大きな災害をもたらした台風の名前は加盟国の要請で再び使用されることはなくなったりします。

2019年の台風18号の名前は「ミートク(Mitag)」。

「ミートク」はミクロネシア連邦が提案した名前で、よくある女性の名前なんだそうです。

ヤップ語という言語で「私の目」という意味があるんだとか。

2019年台風18号の進路予想などのまとめ

2019年台風18号の進路は?九州北部の福岡や四国南部の高知に大雨被害?飛行機の欠航の影響について調査しました。

10月2日(水)の夜から10月3日(木)の夕方にかけて、九州北部を通過して日本海で10月4日(金)正午頃温帯低気圧に変わる見込みです。

台風接近、通過に伴って飛行機などを始めとして各種交通機関に影響が出ることが予想されます。

地域によっては前回までの台風で地盤がゆるんでいるなどの状況から、思わぬ被害が出ることが予想されます。

最新の台風情報を元に、無理のない予定を立てて安全第一で行動して下さい。

台風の被害に合わないように気を付けましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました