渡辺謙と離婚の南果歩の財産の取り分は?確執和解の杏の反応は?

ハリウッド俳優・渡辺謙さん(現在58歳)と女優の南果歩さん(現在54歳)さんが正式に離婚しました。

2018年5月17日に渡辺謙さんの事務所が、マスコミ各社に向けて送ったFAXで明らかになりました。

結婚13年目にしての離婚は、やはり昨年2017年に発覚した渡辺謙さんの不倫が原因ですね。

原因が渡辺謙さんにあるわけなので、離婚の際の慰謝料などの額なども気になるところです。
以前確執のあった娘・杏さんとはどうなってしまうのでしょう?


渡辺謙と南果歩の離婚の経緯

2017年3月に週刊文春によって21才も年下のジュエリーデザイナーの女性との不倫が報じられました。

この不倫報道は渡辺謙さんがニューヨークで女性とデートしているのを写真に撮られていますが、その時南果歩さんも同じくアメリカに滞在していました。
同じアメリカといっても、はるか西海岸のサンフランシスコなので、距離的にはかなり離れていますが、スキを突いて会っていた感が否めないですね。

しかも、この女性との関係が2013年から3年にも渡る長期間だったことが、南果歩さんにとっては特に許せなかったようです。
ともにガンという病を患い、そして乗り越えてきた13年にも渡る結婚生活をもってしても、修正することが出来ない痛手になってしまいました。

渡辺謙の財産と南果歩の取り分は?

まず渡辺謙さんと南果歩さんの間にある全財産はどれくらいなのかが気になりますよね。

5億円ともいわれる自宅、長野県の軽井沢にある別荘、そしてアメリカ・ロサンゼルスにも自宅を所有しています。

不倫発覚後、南果歩さんとの自宅にはほとんど帰っていないようで、別荘に寝泊まりしているとの話もあります。
現在、南果歩さんは5億円の自宅にいるようで、この自宅は南果歩さんのものになるようです。
別荘やロサンゼルスの自宅も南果歩さんのものになると見られていましたが、こちらは渡辺さんの所有となる予定です。

とはいえ、渡辺謙さんは「世界の渡辺謙」といわれるように、ハリウッド俳優です。
不動産以外の慰謝料の額はかなりのものになるんだとか。

渡辺謙の年収やギャラは?

ハリウッド俳優である渡辺謙さんの年収は約3億円ともいわれています。

その内訳ですが、ドラマの1話のみに出演しただけでも約1000万円、映画だと約3000万円~5000万円、ハリウッド映画なら1億から2億円、CM1社で約1億円なのだそうです。

こういったギャラの正確な金額が外に出ることは無いので、あくまで他のタレントなどと比較した憶測の金額ではあるのですが、ある程度は信用できるもののようです。

渡辺謙さんが今までに出演したハリウッド映画は、

  • 2003年「ラストサムライ」
  • 2005年「バットマン・ビギンズ」
  • 2006年「SAYURI」
  • 2006年「硫黄島からの手紙」
  • 2014年「GODZILLA」
  • 2014年「トランスフォーマー/ロストエイジ」

など、有名なものばかりです。
実力を認められているようなので、今後も定期的なハリウッド映画出演のオファーはありそうです。

今回の離婚で、渡辺さんはほぼ無一文に近いくらいまで財産を失うといわれています。
ただ、渡辺謙さんは複数の有名女優や一般女性との不倫が発覚している過去がありますし、2017年の不倫発覚もさほど俳優としての地位を揺るがすほどのダメージを受けていません。

このことからも、離婚によって南果歩さんが受けとるものは、5億円の自宅とは別に慰謝料が2億円ほどになるのではないかと予想されています。


渡辺謙の確執が解けたはずの娘・杏の反応は?

渡辺謙さんには、最初に結婚していた元妻との間に、娘である現在女優の杏さんがいます。

杏さんの母親である元妻との離婚原因も、今回と同じく渡辺謙さんの不倫が原因といわれています。
元妻の宗教がらみのお金問題などもあったようですが、娘である杏さんとはかなりの確執がうまれています。
ただ、娘である杏さんは、実は父・渡辺謙さんを嫌っていたわけでは無いようです。

渡辺さんと前妻が離婚したのは、杏さんが高校生の頃。

両親が別居する際に、一度は渡辺さんに引き取られた杏さんでしたが、自分の意志で母親のもとに戻っています。
多感な時期だった杏さんは、普段仕事で家を空けていることの多い父親よりも母親になついていたことは当然かも知れません。
その上、自分の母親とは違う女性と関係を持っていたとわかったら、なおさら母親の肩をもつのは仕方のないことでしょう。

杏さんの母親は、多額の借金で杏さんの通う堀越高校の友人の親御さんにまでお金を無心するまでになっていたと言われています。
そのことが原因で、杏さんは高校を中退して女優業に専念する事になったという経緯もあります。

それでも母親のほうに寄り添ったのは、渡辺さんが離婚後たった9ヶ月後に南果歩さんと再婚したことがあるようです。

その後、杏さんが女優として活躍するようになっても、渡辺さんとの共演が無いことなどで、「深い確執」があるといわれるようになったのです。

杏さんと渡辺謙さんの確執が解け始めたのは、杏さんの結婚が契機ではないでしょうか。

そもそも渡辺さんは娘である杏さんを愛しています。
杏さんの態度が軟化すれば、当然良好な関係になるはずです。

渡辺さんは、事あるごとに杏さんにメッセージを送っていたようで、結婚や出産、夫である東出さんとの共演など、段々とお互いに対話する機会も増えていったことで、杏さんからも許すキッカケができたんではないでしょうか。

渡辺謙の避難場所は杏の自宅

2017年の不倫発覚後は、南果歩さんとの自宅には帰っていないようです。
ホテルなどを転々としたり、意外なことに娘の杏さんの家へ転がり込んだりもしているんだそうです。

杏さんはNHKの朝ドラ「ごちそうさん」で共演した東出昌大さんと結婚して、2016年5月16日に双子をもうけています。

そんなところへ父親が転がり込んでいると想像したら、さぞ迷惑しているのでは?と思ってしまいますが、お互い助かっているのだとか。

渡辺さんからすると、はじめての孫に逢いたくてしょうがないという気持ちで、杏さんからするとドラマの撮影などで留守がちな東出さんの代わりに、手のかかる時期の孫を見てもらえるということで、かえっていい関係を築けているそうなんです。

自分の母親と離婚する原因となった女性関係で、またもや問題を起こした父親を受け入れているって、凄いことですよね。
これも、自分自身も苦労しながら年を取って、女優としても成功した上で結婚して子供も産まれたことから、いろいろなことを受け入れられる寛容さが身についたんでしょうかね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする