器用長者なれ

どんな事でもついつい拘ってしまって器用貧乏になりがちですが、気持ちだけは豊かでありたい。

アンドロイド

SONY XPERIAシリーズはこんなにたくさん出ていた。おすすめの機種はどれ?

2016/11/28

スポンサーリンク

エクスぺリアの歴史

私の持っているXPERIA Z1F。
中古ではあるんだけど、使うほどに愛着がわいてきます。

また何か問題が起こったらXPERIAの中古を買うことがあるかもしれないので、歴代のXPERIAについて調べてみました。

エクスぺリアの誕生は2010年

PERIAスマホの記念すべき日本デビューは2010年でXPERIA X10という機種になります。

日本デビューと書きましたが実はその2年前から海外では販売されています。
この海外モデルのOSはAndroidではなくWindows Mobileだったようです。
さらにXPERIAの名前を冠したガラケー(海外だからガラケーとは言わないでしょうが)も存在したみたいです。

2010年~2015年

2010年

2010年は4機種発売されてますが、1機種は海外のみの販売。
よって日本国内は3機種。
X10とx10miniPRO、そして廉価版のX8。

2011年

2011年は一気に増えて11機種。
この年以降、毎年コンスタントに11機種以上は発売してます。3機種は海外のみ販売。
よって国内は8機種。
想像していたよりもかなり多いんですね。
他にこんなに機種数が多いシリーズってあるんでしょうか。
この年のモデルから最近のスマホのように一気にスリムになってます。
OSはすべてAndroid2.3。
画面サイズは3.0インチ2機種、3.3インチ1機種、3.7インチ1機種、4.0インチ1機種、4.2インチ3機種。

2012年

2012年はなんと15機種。
ただし、海外のみ発売が9機種もあるので、国内では6機種のみ。
この年からCPUがマルチコア化しました。
始めからAndroid4.0を搭載した機種が登場。
3.7インチ1機種、4.0インチ1機種、4.3インチ3機種、4.6インチ1機種。

スポンサーリンク

2013年

2013年は11機種。海外のみ販売が6機種。
国内は5機種。
この年初のZシリーズが登場。
私の持ってるZ1Fはこの年の最後発。
4.3インチ1機種、4.6インチ1機種、5.0インチ3機種。

2014年

2014年は13機種。
国内は7機種。
4.3インチ1機種、4.6インチ1機種、5.0インチ1機種、5.2インチ2機種、4.6インチ1機種、6.4インチ1機種。

2015年

2015年は12機種。
半分の6機種が国内。
4.3インチ1機種、4.6インチ2機種、5.2インチ2機種、5.5インチ1機種。

今年2016年はどうなる

2016年はまだ途中ですが現在6機種。
Zシリーズが終焉を迎え、新たにXシリーズが展開されています。

どうも今年は、コンパクトモデルが10月に4.6インチで出る模様なので、ちょっと大型化してますね。
コンパクトの需要も一定数あると思うんですが、どうなんですかね。
実際、iPhoneもSEってモデルを出してるんですし。

私は手が小さいのでコンパクトじゃないと使いづらいんですよ。
スポンサーリンク

-アンドロイド