中越典子が舞台「レインマン」を降板の理由は第2子妊娠!画像あり!

女優の中越典子さん(38)が7月20日から公演予定の「レインマン」の舞台を降板することが発表されました。

「レインマン」は1988年に公開され、アカデミー賞作品賞を始めとした4部門の賞を獲得したアメリカ映画。
トム・クルーズとダスティン・ホフマンが共演した映画です。

ストーリーは、自閉症の兄(ダスティン・ホフマン)と奔放に生きてきた弟(トム・クルーズ)が再開するところから始まる兄弟愛を描いた物語。
舞台では弟役を藤原竜也(35)さん、兄役を椎名桔平(53)さんが演じ、中越さんの役どころは藤原さん演じる弟の恋人の予定でした。



そんな中、突如、中越典子さんの降板が発表されたと聞いて驚きました。
以前からインスタにアップされている画像を見たファンが「痩せすぎ」「病気なの?」といった心配の声を挙げていました。

今回、「健康上の理由で降板」と聞いたファンからは「やっぱり病気なのでは」とか「女性特有のガンじゃないよね」など、いろいろな憶測と心配の声が上がっているようです。

ただ、昨日までインスタグラムには元気な写真も上がっていますし、ちょっとお腹がぽっこりしているように見える写真もアップされてます。
そうです、やっぱりというか、安心したというか、第2子妊娠が降板理由のようなんです。

「健康上の理由で」としたのは、つわりなどがひどくて稽古が出来ない状態だからか、単純に安定期に入ってないからと思われます。

ワンピース姿のお腹がちょっとぽっこり↓

昨年5月7に第一子を出産しているので、2年続けてのおめでたとなったようですね。

だいぶ先にはなりますが、一段落したらまた元気な姿をテレビや舞台でみたいですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする