宮崎あおいが妊娠!既に安定期で子供の性別は男の子か女の子かがわかる!

2017年12月24日に結婚した、宮崎あおいさんと岡田准一さんに待望の赤ちゃんが授かりました!

既に安定期に入っているようで、もう赤ちゃんの性別がわかる時期です。
出産予定は今年の秋頃になります。

安定気に入っていることから、今後も体調と相談しながら仕事は続けていくようです。

岡田さんと同じジャニーズのV6長野博(45)さんも結婚した女優の白石美帆(39)との間に今月5月に第一子が誕生しているので、同学年になりますね。

岡田さんと宮崎さんは映画「陰日向に咲く」で夫婦役を演じたのがキッカケで親しくなりました。
その後も、2012年の映画「天地明察」でも夫婦役として出演していましたが、プライベートでも仲がいいんでしょうね。


宮崎あおいの赤ちゃんの性別は?

安定期は妊娠5ヶ月から7ヶ月くらいのことを指します。
赤ちゃんの性別がわかるのは早くて17週から。
月でいうと4ヶ月を越えたあたりですね。
一般的には5ヶ月を越えると大体判別がつくようなので、恐らくもう男女の区別はつく時期ですね。

もともと赤ちゃんは最初はみんな女の子だといいます。
では、宮崎あおいさんの赤ちゃんの性別はどちらなんでしょう?

もちろん発表はされてないので、あくまでもいろいろな迷信を突き合わせた予想なのであしからず。

ずばり、宮崎あおいさんの赤ちゃんの性別は「男の子」。

宮崎あおいさんは、これまで特に休養などを取らずにやってきました。
細身の宮崎さんですが、休みを取る必要が無いほどつわりが酷い状態じゃなかったのではないでしょうか?

「男の子だとつわりが比較的軽い」といわれているようです。
他にも、妊娠初期は特に
「一見、妊婦だとわからない」ほどあまりお腹が目立たないとも言います。

いろいろと想像しながらうまれてくる子供さんのこと考えると、それだけでなんか嬉しくなってきちゃいますね。

どうか元気なお子さんを、母子ともに健康な状態で生んでほしいな、と願ってやみません。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする