桐谷美玲が三浦と結婚後引退する理由?ガリガリ過ぎるけど妊娠は?

ミニオンだらけでUSJ!! #みれまゆ#USJ#ユニバ

桐谷美玲さん(@mirei_kiritani_)がシェアした投稿 –


かねてから交際が噂されていた、桐谷美玲さんと三浦翔平さんが結婚することが発表されました。

2017年12月の週刊誌の報道では、同じマンションの廊下を挟んだ向かいの部屋に住んでいることがスクープされています。
その後も映画館デートやディズニーデートが目撃されていましたね。

桐谷美玲さんと三浦翔平さんの結婚の日にちですが、入籍は2018年6月3日になることが確実視されています。

なぜ6月3日かというと、この日は三浦翔平さんの誕生日であり、更にこの日が大安であるということが重なっていることが理由です。


桐谷美玲と三浦翔平の出会いや馴れ初め

約2年ほど前の2016年7月から放送されたフジの月9ドラマ『好きな人がいること』で共演したことがきっかけで桐谷美玲さんと三浦翔平さんは仲良くなりました。

その頃、三浦翔平さんは本田翼さんとお付き合いしていたのですが、2017年の春頃に破局したことで桐谷さんとの距離が縮まり、交際に発展したのだそうです。

桐谷美玲が結婚後芸能界を引退する理由

桐谷美玲さんは結婚したら、その後芸能界を引退するのではないかという噂があります。

桐谷さんはとても結婚願望が強いことで知られています。
自身の口から「30歳までには結婚したい」「子供は何人か欲しい」と公にしているほどです。

このことからも「家庭」を作ることへの憧れが強いことがわかります。
桐谷さんの今の仕事量や忙しさから考えると、とても子供を作って子育てと仕事を両立できるはずがありません。

2017年の5月に行われたイベントでは「専業主婦になりたい」といった発言も飛び出していることからも、家庭に入りたい願望が強いことが伺えますよね。

2017年に結婚後引退した堀北真希は同じ事務所

2017年に山本耕史さんと結婚後、完全に芸能界から引退した堀北真希さんは、桐谷さんと同じ事務所「スイートパワー」の所属でした。
これも桐谷さんが、結婚後芸能界を引退してしまうという噂に拍車をかけている理由です。

「スイートパワー」という事務所は、女ジャニーズといわれるほどタレントの私生活の管理に厳しいところとして有名な事務所です。

堀北さんはそんなプライベートまで監視されることに嫌気がさしていたといいますが、桐谷さんも同じ思いを持っているんだとか。

仕事のいれすぎが激ヤセの原因では、と話題になった桐谷さんは、女優の仕事をセーブするように事務所にお願いしているともいいます。

桐谷美玲が激ヤセでガリガリ過ぎる原因、妊娠や出産は大丈夫?

桐谷美玲さんは、身長163.5cmに対して体重は39kgと言われています。

BMI(Body Mass Index:ボディマス指数)といわれる身長と体重から算出される、肥満度を表す体格指数があります。
桐谷さんはこのBMIが14.6という数値になるんですが、痩せすぎで危険水域と言われる18.5をはるかに下回っているんです。

「細すぎて怖い」「病的に細い」という世間の声は、あながち間違っていない見方かもしれません。
このままだと、生理不順などを引き起こし、更には不妊といった悪影響も無視できないレベルです。

家庭をもって子供を何人もつくりたいと言っているのですから、子供が埋めない体になってしまったら悲しいですよね。
もし妊娠できたとしても、安全に出産できるか心配です。
しっかり自身の健康な体を作ってから子供づくりに励んでほしいものですね。


桐谷美玲の事務所が2018年6月の結婚を否定は本当はどっち?

新聞報道各社が桐谷美玲さんと三浦翔平さんの6月3日入籍を報道したものの、同じ日に桐谷さんの事務所「スイートパワー」が公式に否定するコメントを発表しました。

事務所によると「そういう予定はありません。」とのこと。

実際、桐谷さんは三浦さんと結婚することをお互いの両親はもとより、周囲の人間にも告げているといいますから、結婚が近いことは間違いないでしょう。

三浦さんの事務所「バーニング」からは何もコメントは無いようです。
では、何故、桐谷さんサイドの事務所は否定するのでしょう。

これは桐谷さんが数多くの企業のCMに起用されているためです。
企業との契約の際には、プライベートのことまで含めて細かく制限が課されるのが一般的なようなので、契約内容に配慮しているのでしょう。

三浦さんがコメントを出さないのは、CM契約などが1本も無いため、わざわざ否定する必要がないだけですね。

ただ、結婚というおめでたい話なので、契約企業との確認や許可が取れるまで、知らないということにして置かなければ行けないという事情があるのでしょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする