山下耀子って誰?年齢や大学は?マツコに気に入られたホントの理由


“ごきげんよーこ!”がキャッチフレーズの山下耀子さん。

マツコ・デラックスさんがMCのマツコ会議にレポーターとして出演して、マツコさんを唸らせて話題になり、2018年4月より「ZIP!」のレギュラーメンバーとして出演中です。

山下耀子さんとはどんな人なんでしょうか?


山下耀子って誰?年齢、出身大学、経歴などのプロフィール

本名:山下耀子(やました ようこ)
生年月日:1995年6月20日(現在23歳)
出身:香川県
出身大学:高知大学
身長:164cm
血液型:AB

両親と姉、兄の4人家族。
高知大学3年生の時にミス高知大に選ばれる。
高知県青年団協議会に所属し、地域活動に励むなど香川出身ながら高知愛が強い。この活動が芸能界を目指すキッカケとなった。
2017年5月にマツコ会議にレポーターとして出演した際にマツコさんに「すごいわね」と認められた。
2017年10月に「ホリプロスカウトキャラバン」で最終選考まで残り、強烈なキャラクターが関係者の目に止まり、ホリプロに入った。

山下耀子がマツコ会議に出演した経緯

山下耀子さんが出演した時の「マツコ会議」78回目放送回のお題は「餃子でシメたい高知の強い女性達」という特集。

山下さんが高知県青年団協議会に所属していた事から、ミス高知大のレポーターとして居酒屋からレポートすることになりました。

「お芝居とか、レポーターとかいろいろやりたいと思ってます!」とコメントしたことから、番組内では「ごきげんよーこのプロモーションVTR」まで作成されています。

プロモーションVTRの中では、おしゃれなインスタグラムや普段の倹約家ぶり、高知のローカルテレビへ出演している様子などが紹介されています。

山下さんがレポート冒頭から「ごきげんよーこでーす!」とマツコさんを圧倒したことから「あんた、頑張んなさいよ」とマツコ・デラックスさんにエールを送られる形になったんです。

なにやら、トーク力がすごくてマツコさんに認められたような扱われ方をしていますが、ちょっと違うようです。

地元高知県のローカルテレビに積極的に出演して、芸能界の仕事のことを勉強しようとしている姿勢など、ひたむきに芸能界を目指して努力している、真面目で明るいキャラクターが気に入られた理由です。

地域活動で焼きそばを振る舞った際のお客さんの笑顔が何よりも嬉しかったという山下さん。
今後も人が元気になるよう、「自分が輝くことで周りに火をつけたい」という心意気が好印象だったようです。

ご存知の通り、マツコさんは大の女子アナ嫌い。
ちゃらちゃらしてるだけの女の子だったら、きっと嫌われていたでしょうね。

山下耀子が「ZIP!」のレギュラーに

山下耀子さんは、朝の情報番組「ZIP!」にレギュラー出演することとになりました。

山下さんは、午後3時まで大学の寮内をパジャマで徘徊して朝が弱いことを自他ともに認めていたのに、芸能界デビューがまさかの早朝番組のレギュラー。

番組内の「ハテナビ」のコーナーに週一から週ニの出演ペースだから、まだ良かったですね
ただ、たまに早く起きなければいけないというのは、かえってしんどいものですけどね。

これからも持ち前の明るさとハイテンションさで、いろいろな番組に出られるのを楽しみにしたいですね!


最後まで読んでいただきありがとうございます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする