堂安律が日本代表最終メンバーへ!「代表になったら点取ります!」の根拠

2018年6月14日にロシアのモスクワで開幕するロシア・ワールドカップ。

予備登録メンバーとしてFIFAに提出された35人の中に、堂安 律選手が選ばれたようです。

5月18日にガーナと親善試合が行われる予定です。
そしてそのあと、5月31日までにワールドカップに出場登録できる最終メンバーは23人にまで絞り込まれます。

「もし(代表に)呼んでもらえれば、求められる仕事ははっきりしていると思う。評価されるとしたら点を取ったことだと思うので、点を取ります」
と豪語している堂安選手は、はたしてロシアワールドカップの日本代表に選ばれるのでしょうか?


安藤律って誰?年齢は?どこのチーム?プロフィール

名前:堂安 律(どうあん りつ)
愛称:マラドーアン、日本(浪速)のメッシ
国籍: 日本
生年月日 1998年6月16日(現在20歳)
出身地:兵庫県尼崎市
身長:172cm
体重:70kg
在籍チーム:FCフローニンゲン(オランダ)
ポジション:MF
背番号:25
利き足:左
サッカー歴
~2010年   浦風FC
2010年    西宮少年SS
2011~2013年 ガンバ大阪Jr.ユース
2014~2015年 ガンバ大阪ユース
2015年    ガンバ大阪
2016年    ガンバ大阪
2017年    FCフローニンゲン(オランダ)

ワールドカップの日本代表メンバー最年少は誰?

今まで日本代表の最終メンバーで最年少だったのは、1998年のフランス大会に当時18歳で出場した小野伸二(現在38歳)選手です。
現在も現役で北海道コンサドーレ札幌所属です。

堂安選手は既に19歳なので最年少とはなりませんが、小野選手に次ぐ歴代2位の年少記録となります。

A代表って何?意味は?

サッカーでよく使われるA代表ってなんでしょう。

サッカー詳しくない私はセリエAの代表選手?とか思ってました。

A代表というのは別名フル代表ともいわれます。

簡単に言うと年齢制限のない代表のことです。
年齢の無差別級とでもいいましょうか。
年齢制限、年代別の例として、U-21(アンダー21:年齢制限21歳以下)とかU-17(アンダー17:17歳以下)なんていうのは聞いたことがあるのではないでしょうか?


堂安律が「代表入りなら点を取る」と豪語する根拠

フル代表の経験は無いものの、確実に2014年のU-16からU-19、U-20と経験と実績を重ねてきたことが、堂安をその気にさせているのでしょう。

2016年10月のU-19選手権のメンバーに選ばれ、準々決勝のタジキスタン戦では1得点1アシストと大活躍を見せています。
この試合に勝ったことによって、FIFA U-20ワールドカップへの5大会ぶりの出場権を獲得しました。

そして決勝のU-19サウジアラビア戦でも勝って優勝を果たしたうえに、大会MVPに選出されています。

2017年にはFIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出されました。
U-20ワールドカップ初戦の南アフリカ戦では逆転ゴールを決め、次のイタリア戦では2得点を挙げるなど、出場するごとにゴールへの嗅覚を高めてきています。
U-20ワールドカップ後には「日本のメッシ」と呼ばれるなどしています。

堂安選手と、伝説のサッカー選手マラドーナをもじって「マラドーアン」なんて呼ばれることもあります。

リオネル・メッシは彼自身「マラドーナ2世」とも呼ばれたほどの決定力を持った選手。

そんな2人に例えられる雰囲気を持っているからこそ、「呼ばれたら点を取る」という自身の感覚からくる言葉が口をついて出たんでしょう。

堂安律はロシアWカップの日本代表最終メンバーになれるか?

堂安律選手は、過去に日本代表の候補になったこともなく、合宿すら参加した経験がない上、予備登録メンバーとして選ばれてから最終メンバーが決まるまでにたった1試合しか試合がありません。

正直なところ、日本代表の最終メンバー23人に残れる可能性はかなり低いと言わざるを得ないでしょうね。

ただ、もし最終メンバー23人にもれたとしても、代表メンバーにけが人などが出れば追加招集となる可能性は高いので、頑張って欲しいですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする