野性爆弾くっきーが大ブレークで月収300万円超え!何で稼いだのか?

野性爆弾のクッキーという芸人をちょくちょくテレビで見るようになリました。

かなり個性的な芸風なので、一度見たら必ず脳裏に焼き付けられるんじゃないかという芸人ですね。
個人的には怖いので苦手ですが。
きゃりーぱみゅぱみゅだって↓

ただただ怖いわ・・・。


野性爆弾くっきーが大ブレークしたきっかけ・理由は?

白塗りした顔に黒いペンで書いただけのものまねが、野性爆弾クッキー(現在42歳歳)の大ブレークのきっかけ。
「肉糞太郎」とか「肉糞亭スポーツ」などのアカウント名でインスタやツイッターに次々にものまねをアップしています。

最初の「気持ち悪い」、「怖い」のインパクトでまず記憶に残したんですね。

もちろん最初に見たときは、かなりマイナスなイメージなわけです。

ところが、下手な鉄砲数撃ちゃ当たるを体現するかのように、どんどんものまねの数を増やしていったんです。
すると、なかには「結構似てるんじゃない?」みたいなのが出てきました。

ちょっとでも「いいかも?」と思わせることができたので、そこからは「他のはどんなだろう?」という興味が湧かせることができた、という流れをたどったようです。
かなりマイナスからスタートしてるだけあって、その反動がブレークの原動力となったようです。

野性爆弾クッキーが達成した月収300万はどこで稼いだ?

2月15日放送の毎日放送「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」で最近達成した最高月収について問い詰められていましたね。

各地で開催されている展示イベント「超くっきーランド」が大盛況だということで、こちらでのオリジナルグッズ販売などがかなり好調なんだそう。

「超くっきーランド」は最初2017年10月に原宿で開催されたんですが、なんと3日間で1万人以上を動員したというから驚きです。

「超くっきーランド」とは野性爆弾くっきーの狂気の世界感を体験出来る展覧会という趣旨なんですが、お化け屋敷より怖いです、ある意味。

この人気を受けて「超くっきーランドneo」と名前を変えて、岡山・千葉・福岡にも進出しおり、さらに2018年3月には台湾でも展覧会を開催しているんですが、1ヶ月で10万人の動員があったというからすごいですよね。
この手の笑いは国境をこえるんですね。笑



番組での月収を明かしたやり取り↓

MCメッセンジャー黒田 「給料なんぼなったん?」

くっきー 「それはテレビでは言われへん」「多かった多かった。儲かった」

MCメッセンジャー黒田 「過去最大か?」

ニコル 「何、何個分?」

くっきー「100円のリンゴが350個分」⇐計算間違いに気が付く
    「350万って、なんて言えばいいの?」

くっきーは流石に冠番組を持てるキャラじゃない気がしますが、絵を書くことやギターが得意で作詞作曲も手掛けているなど、多彩な才能の持ち主。

今後もアート的な芸風でやっていけそうですよね。

ジャニーズだろうとお構いなし(嵐・二宮くん)↓

最後まで読んでいただきありがとうございます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする