アサリを生きたまま保存するには?砂抜きの詳しいやり方

磯焼き
春先の行楽というば潮干狩り。

毎年楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。
楽しいとはいえ、せっかく大変な思いをして潮干狩りで採ってきたあさり。
美味しくいただきたいものですよね。

潮干狩りで取ってきた貝は、砂地から上がって数時間しか経っていない上、運搬時の振動などで警戒して砂を吐き出していません。
スーパーなどで買ってきたあさりでも砂抜きは必要ですが、潮干狩りで採って来たあさりは更にしっかり砂抜きをしてやる必要があります。

今回はあさりの砂抜きのやり方、塩加減や時間、保存方法などを書いてみたいと思います。



アサリの砂抜きのやり方は、塩加減が重要。

塩水の濃度が適切でないと、翌朝みてみたら全部死んでいた、なんてことになりかねません。

塩水の濃度は海水とほぼ同じとなる約3.5%の濃さがいいと言われています。
1000ccのお水に約35gの食塩を入れれば塩分濃度が3.5%くらいの塩水が作れます。

なるべく平らなバットなどの容器にアサリと塩水を入れて、涼しくて暗いところにそっと置いておきます(3時間くらいでも砂抜きできますが、一晩くらい置いておくと確実です。)。
ただし、涼しいところと言ってもあまり冷蔵庫の中などには入れないほうがいいようです。温度が低すぎて動きが鈍くなるためです。

ボールに入れても構いませんが、なるべく大きなもので貝が重ならないようにしておくと砂残りを防げます。あさりが重なっていると、せっかく吐いた砂を下の貝が再度吸い込んでしまいます。

塩水の量はあまり多くしないで、アサリが水面から少し出る程度が一番活発に砂を吐いてくれます。
結構な勢いで水をピューピュー吹くので、タオルや新聞紙などを上にかぶせておきましょう。

途中、水が濁ってきたら一度塩水を入れ替えましょう。汚れたままにしているとアサリが死んでしまうことがあります。

※海水は約3%の塩分濃度と言われますが、アサリの住む砂浜などの浅瀬は若干塩分が濃いようで約3.5%としています。これは浅瀬は水分が蒸発することで、通常の海水よりも塩分濃度が濃くなるためです。
※塩水を作るときに使用する水はなるべくカルキ抜きしたものを使いましょう。塩素は揮発しやすいので一度50℃程度に温めたお水を冷ますか、蛇口から出した水道水を容器に汲んで数時間放置したものでも問題ありません。

人気のあさりのおすすめ料理ベスト3!

1.アサリのお吸い物
2.あさりの酒蒸し
3.あさりのバター醤油



砂抜きの裏技!たった5分で最速砂抜きができる!

一般的な砂抜きの仕方を紹介しましたが、実はもっとてっとり早く砂抜きができる方法があります。
そして、この方法を使うと料理の際に身が縮みにくく、食感もプリッとして美味しくできるというメリットまで付いてきます。

どういうものかというと、約50℃のお湯でやるという砂抜きのやり方です。「50℃あらい」と呼ばれているようで、海水ではなく普通のお湯でやります。
約50℃の温度のお湯にあさりを入れると、だいたい1分も経たないうちに貝殻を開いて中から身を出してきて砂を吐き始めます。
これは、急に熱いお湯の中に入れられたことによって、あさりがびっくりして身を守るためにお水を最大限に吸い込んで呼吸しようとするため、身が膨らんで貝殻からはみ出すのだそうです。

ただ、やはりお湯で砂抜きをすると、どうしても旨味成分が出てしまうようで、食感は良くなってプリッとするものの、味という点ではちょっと落ちてしまうようです。
肝心な砂抜きについてですが、時間をかけてやるやり方と比べると、若干砂が残っている貝があるのは致し方ないのかなぁといった状態です。
20個に1個砂入りがある感じでしょうか。

「ジャリッ!」と砂入りのあさりを噛むと個人的に結構ショックを受けるので、私はゆっくり一晩寝かしますけどね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする