器用長者なれ

どんな事でもついつい拘ってしまって器用貧乏になりがちですが、気持ちだけは豊かでありたい。

車関連

車のバッテリー交換は新品よりリビルト品にすべき3つの理由!

車にはなくてはならないバッテリー。
車のバッテリーは、走行中にジェネレーター(発電機)で充電されるので、ライトを使ってもカーナビを使っても普段は充電してやる必要はありません。
ところが、スマホのバッテリーなどと同じく、充電と放電(使用)を繰り返していると、やがて充電量が少なくなって使い物にならなくなってしまいます。
いわゆるバッテリー上がりという状態になって、エンジンがかからなくなる、もしくはエンジンが止まってしまいます。
弱ってしまったバッテリーは交換するしかないのですが、リビルト(再生)バッテリーに交換すれば、新品より格安でパワフル、しかも長寿命なのです。
中古品であるはずのリビルト(再生)バッテリーが新品よりも優れている理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車のバッテリー交換時期や頻度は?

最近のバッテリーは昔に比べて性能が良くなっているので、交換時期も長くなってきています。
新品のバッテリーだと、安い価格帯のものでも2年保証や3年保証が付いている物も少なくありません。
裏を返せば、普通の使い方であれば、2年や3年は全く問題なく使用できるという事が言えます。

交換時期の目安は2年ですが、キーを回した時のセルの回りに勢いがなくなって来たと感じてから交換してもいいかもしれません。

車のバッテリー交換のリビルト品とは?

オートバックスなどのカー用品店やカーディーラーで販売、交換取付してくれるバッテリーには新品しかありません。
ところが、ヤフオクやネットショップなどを見てみるとリビルト(再生)バッテリーというものが存在します。

このリビルト(再生)バッテリーとはなんでしょうか?
リビルト(再生)バッテリーについて説明する前に理解しておいてほしいのが、バッテリーが弱るメカニズムについて。

バッテリーの中には、バッテリー液(電解液)とよばれる希硫酸が入っています。
そしてその中にプラスとマイナスの電極(極板)が浸かっている状態です。
極板表面に塗られた鉛と電解液である硫酸の化学反応によって、充電と放電をおこなっているのです。
充電と放電を繰り返していると起こるのが、やがて極板表面に硫酸鉛が結晶化して張り付いてしまうサルフェーションという現象。
サルフェーションによって結晶化した硫酸鉛は絶縁体なので、電気が通るのを阻害してしまい充電が出来なくなってくる訳です。
 
このサルフェーションによって出来た硫酸鉛の結晶を、パルス電流を流す機械を使って除去したものがリビルト(再生)バッテリーなのです。

新品バッテリーとリビルト(再生)バッテリーの性能差は?

リビルト(再生)バッテリーは中古品です。
そして、新品よりも性能が劣ることが多いようです。
だいたい、新品の80%~90%の性能までしか回復しないとのことですが、新品とほぼ同等まで回復している物も多いようです。
バッテリーの性能はJIS規格のCCA値というもので表されるのですが、リビルトバッテリーはCCA値がJIS規格基準値の100%以上のものしかまず販売されていません。
100%以上というのが不思議な感じがするのですが、これはそもそも新品のバッテリーのCCA値がJIS規格基準値をはるかに上回っているからこのようなパーセンテージになるのだそうです。
ちなみにCCA値とはコールド・クランキング・アンペアの略で、始動性能(一度にどれだけの電流を流せるか)をあらわします。
 
実際に私はこのリビルトバッテリーを使い始めて10年程経つのですが、1度もバッテリー上がりを経験したこともなければ、弱ってきたと感じたこともありません。所有している車3台全てです。
もちろん2年ごとに換えてきたからというのもあるのですが、最近4年間使ったリビルトバッテリーでディーラーの車検を受けたところ、「最近交換しましたか?」と言われるほど元気な状態でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車のバッテリー交換の新品とリビルト品の価格差は?

新品のバッテリーとリビルトバッテリーは、価格の比較が難しいです。
例えば40B19の新品バッテリーだとホームセンターなどの店頭価格がおよそ5,000円程度、これがリビルト品だと送料含めて2,500円ほど。
ただ、これくらいの性能の低いリビルトバッテリーはほとんど売られていません。アマゾンなどのネットで新品を買うのとあまり価格差が無いかもしれません。
リビルト(再生)バッテリーで一番流通しているのは頭の数値が55や60などと言った高性能のものです。
60B19の新品だとカー用品店などで約10,000円ちょっと。
これがリビルトバッテリーだと送料込みで3,000円~4,000円で手に入ります。
販売されているリビルトバッテリーは、全体的に高性能(高価格帯)バッテリーが主です。
実際の使用感も、始動性が良いのが体感できるくらい非常にパワフル。
 

車のバッテリー交換は自分でできる?

1つ問題があるとすれば、リビルトバッテリーは自分で交換することが前提の商品であること。
前述したように、カー用品店やディーラーなどでは扱っていない為です。
自分の車に使われているバッテリーの種類を自分で調べて、自分で適合する型を探して購入しなければいけません。
接続間違えで電装系をショートさせてしまったら、すべて自己責任になってしまいます。
 
取り外した古いバッテリーの処分方法が心配になるところですが、大抵のリビルトバッテリー販売店では回収を頼めば引き取り伝票を同封してくれるので、宅配会社に引き取りに来てもらえます。
ホームセンターなどでも自分で持ち込めば、通常は無料で引き取ってくれるはずですので、あまり心配することはないでしょう。
 
自分で交換作業をするのが苦にならない人であれば、新品購入よりも断然リビルトバッテリーのほうがお得なのです。
 
 
この記事が参考になりましたら、いいね!して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-車関連