器用長者なれ

どんな事でもついつい拘ってしまって器用貧乏になりがちですが、気持ちだけは豊かでありたい。

パソコン

トラブル続きのパソコン 今度は起動しなくなった

2016/11/28

スポンサーリンク

いきなりパソコンが起動しなくなる

データ用のハードディスクの問題をクリアした翌月に事態は起こりました。

ある日いきなりパソコンが起動しなくなりました。

電源ボタンを押すと、ピッ、という音がして起動するんですが、Windowsが立ち上がらない。
以前からブルースクリーンがでたり、Windowsのロゴが出てから一向に進まず起動できなかったり、突然電源が落ちたりという事はありました。
起動用ディスクにはSSDを使っているのですが、原因はSSDかマザーボードか、もしかしたら電源かもしれないと思っていたのですが、正直どれか確証がありませんでした。

手持ちのSSDに交換しても起動しない

少し前にも同じように起動しなくなったことがあって、その時に購入していた別のSSDに換装したのですが起動しません。
すでにwindows7がインストールしてあって起動できる状態にしてあったはずなんですが。

SSDじゃないのかなーと思い、以前から気になっていたこともあり、マザーボードを変えてみることにします。

既に世代遅れで合うマザーボードが無い

早速アマゾンで同じ型のマザーボードを探しましたが、同じ型番のものは既に販売されていません。

それどころか今使っているCPUが使用できる同じCPUソケットのマザーボード自体が見当たりません。

私の使っているパソコンはコンパクトなCUBE型と呼ばれるもので、MINI-ITXというフォームファクターのものを使用しています。
これ、一番小さい規格のフォームファクターで、拡張性があまりないので自作をするユーザーにはあまり人気が無いのか、種類が少ないんです。

結局マザーボードが無いために、CPUも交換する羽目になってしまいました。

いっそのこと最新のものにしてもよかったのですが、最新のCPUが使用できるマザーボードは、メモリーも新しい規格のものに切り替わっており、メモリーまで買い換えることになると出費が痛すぎるので、考えた末 今のメモリが使える世代のCPUにすることに。
ただ、その世代のCPUでも新品を購入すると、最新のCPUとさほど変わらない金額です。

スポンサーリンク

故障しないCPUは中古で十分

経験上CPUはそうそう壊れるものでは無いので、中古にします。
今までに1度だけCPUを駄目にしたことがあったのですが、それは簡易の水冷式冷却装置を導入していた時に、水を循環させるポンプがいつの間にか壊れていて朝起きてみたら焼けてしまっていたという特殊な事例だけです。

中古でも特に問題は無いと踏んでいます。
 

OSの再インストールで難なく起動

注文したマザーボードとCPUが届く前に、一応SSDの中のWindowsを一度クリーンインストールしてみようという事で、新しいほうのSSDを接続してやってみました。

画面の指示に従ってインストールすること20分ほど。
見事に起動しました。

やっぱりマザーボードじゃなかったのね。

一応想定内です。
今回マザーボードとCPUを変えてみましたが、おそらくBIOSが起動するという症状からしてマザーボードではなさそうな気はしてました。
ただ、他にもいろいろ症状が出てたので、そちらが直ればという思いがあっての交換という意味合いが強いです。

結構な出費になりましたが、これでよくなってくれれば全然問題ないです。
スポンサーリンク

-パソコン