器用長者なれ

どんな事でもついつい拘ってしまって器用貧乏になりがちですが、気持ちだけは豊かでありたい。

アンドロイド

スマホの液晶画面割れ。iPhoneとアンドロイドの大きな違い!

2016/11/28

スポンサーリンク

画面が割れても使えてる人がいる

一応私のスマホは液晶パネルを入手して使用可能になりました。
まだセロハンテープでくっついてる状態ですけど 笑

前にも書きましたが、以前見たテレビの情報番組の特集で、「あなたのスマホの画面割れてませんか?」という街頭調査みたいなのをやっていました。
結構割れたままの液晶画面で使い続けてる人が多かったんです。

そのころの私は一度も画面を割ったことが無かったので、なにも疑問に思わず「みんな雑に扱ってんだなー」くらいににしか思ってませんでした。
ところが、今回私のスマホはうっすら亀裂が入っただけなのに、全く操作を受け付けない状態になってしまいました。

画面割れはXPERIAに頻発する事象なのか

別に落としたわけでもないのに、いとも簡単に割れて使用不可状態になってしまったので、私のもっているXperia Z1F固有の欠陥(欠点)とか、SONYのXperiaシリーズすべてに共通の欠陥(欠点)だったりするのかもしれないと思って調べてみました。

iPhoneのほうが画面割れが多い!?

なかなか探している答えが見つからなかったんですが、ふと見つけたサイトにこんなことが書かれていました。
「iPhoneを使っている人に画面が割れたまま使っている人が多い。」
というものです。

iPhoneに限らずアンドロイドでも、私の周りで液晶画面が割れた状態で使っている人を見たことがないのであまり実感がわかないのですが、そういう傾向が強いとのことです。
ではiPhoneの液晶ガラスが弱くて割れやすいのかというと、どうもそういう事ではないらしいのです。

スポンサーリンク

ゴリラガラスは割れにくい

iPhoneの液晶画面のガラスには[ゴリラガラス」というコーニング社が開発した強化ガラスが使われています。
「ゴリラガラス」はどんどん進化を続けており、2,3,4,ときて最近「ゴリラガラス5」が発表されました。
これは、1.6メートルの高さから落としても80%が無事であるほどの強度を誇っているのだそうです。

しかし、ゴリラガラスはPhoneのみならず、多くのアンドロイドスマホやタブレットにも採用されているため、「iPhoneに画面割れが多い」ことの理由にはなりません。

では、どういう事かというと、その秘密は構造にあったのです。

iPhone以外のスマホはむき出し状態

簡単に言うと、Androidスマホは液晶パネルがむき出しなのに対して、iPhoneは液晶パネルのさらに上に保護カバーのようにガラスがあるのです。
だからiPhoneの場合は、表面のガラスが割れても下層の液晶とタッチセンサーに損傷が無ければ、そのまま使えてしまうという事なんです。
なのでAndroidスマホは割れたら使用できなくなり、即修理もしくは買い替え。
対してiPhoneは割れても使えてしまうので高価な修理を先送りにして、結果割れた液晶のまま使用している人が増えるという理屈です。

結論 Androidスマホは液晶が割れたら構造上、即使えなくなるのが普通。

スポンサーリンク

-アンドロイド