器用長者なれ

どんな事でもついつい拘ってしまって器用貧乏になりがちですが、気持ちだけは豊かでありたい。

エアコン

エアコン掃除のプロが教えるおすすめお掃除エアコン

2016/11/27

スポンサーリンク

良い構造は良いメーカーから

分解クリーニングをしているプロから見た、おすすめのエアコンを理由も押さえながらお教えしたいと思います。
おすすめのエアコンと言っても、具体的な型番などではなく、構造からみてお掃除しやすくトラブルが起きにくいメーカーをお教えしたいと思います。
基本的に同一メーカーで混在した構造のエアコンはほとんどなく、メーカーによって構造がほぼ断定できる状況なのです。

まずはデメリット構造の整理

おすすめメーカーをお教えする前に、それぞれの構造上のメリット、デメリットを整理してみます。
室内の湿気がエアコンの熱交換器という部品で冷やされたときに結露して出るお水を受けるドレンパンというものがあります。
いざというとき、このドレンパンが外せたほうが間違いなくいいので、
・ドレンパンが外せるタイプ:    三菱電機 シャープ 
・ドレンパンがハスせないタイプ   ダイキン パナソニック 富士通 日立
お掃除機能部の構造の違いを2つの観点から見比べてみると、フィルターからゴミをどうやってとるか、と取ったごみをどう処理するのかになります。

フィルターのゴミの取り方はその後のゴミの処理方法次第

1つ目の観点であるゴミの取り方としては、フィルターからゴミを取る際に、フィルター自体を動かすのか、フィルターは固定したままフィルターの上をノズルが動くのかになります。
これの良し悪しはその後のゴミの処理の仕方とも関係しているので、正直これだけでは判断しにくいです。
ゴミの取り方
・フィルター固定でノズルが動く      パナソニック 日立
・フィルターを動かしてブラシで書き取る  ダイキン 三菱電機 シャープ 富士通

スポンサーリンク

外に吐き出すタイプはトラブル多し

ゴミを取った後の処理の仕方については、ダストボックスに溜めるだけで捨てるのは手動なのと、送風ファンを内蔵して外に吐き出すものに分けられます。
ゴミの処理の仕方
・ダストボックスに溜める  ダイキン 三菱電機 日立 富士通
・屋外に吐き出す      パナソニック シャープ

私的観点で鑑みると1つのメーカーに絞られる

3つの基準を上げましたが、私の独断で言わせていただくとそれぞれ、
・ドレンパンが外せるタイプ
・フィルターが動くタイプ
・ダストボックスに溜めるタイプ
となります。
この3つを全て満たしているメーカーが私のお勧めするお掃除機能付きエアコンという事になります。
そうするとメーカーはたった一つに絞られます。
それは三菱電機です。
三菱電機のブランドと言えば、「霧ヶ峰」です。
テレビCMでもよく聞くシリーズのエアコンだと思います。

三菱電機のエアコンは、風向ルーバーが簡単に取り外しできるようになっていたり、比較的メンテナンスがいやすい設計になっているところが個人的に好印象なんです。
スポンサーリンク

-エアコン